衛生管理者の試験|興学社高等学院に入学して高卒資格を手に入れる|通信制高校について
男の人

興学社高等学院に入学して高卒資格を手に入れる|通信制高校について

衛生管理者の試験

文房具

衛生管理者というのは飲食店などで働く人が一定人数を超えた場合必ず置くことが義務付けられています。なので、大きなお店に行くと必ず衛生管理者とその名前が書かれた札が貼られています。これはどこかの飲食協会が決めているわけではなくて法律上定められているルールであるため、衛生管理者をおかずに運営していることが発覚した場合そのお店は営業禁止になり罰金が課せられます。 衛生管理者になるのは難しくはなく合格率が約55%と半数以上の人が合格していることがわかります。半月に1回という頻度で試験が開催されている都市もあるため、全て受けるとなると年に20回以上の試験に参加することができます。ただ先程も述べたように難しい試験ではないため1回もしくは2回ほどで合格する人がほとんどです。

衛生管理者は目指している人が意外と多いため通信講座もありますし、本屋での試験対策本も結構多いです。また各地域で自治体などが主催の試験前の講座が開かれることも多く、1万円ほどで受験が可能となっています。これは金額的に高いと思う人もいるかもしれないですが、1回で合格するという時間とかを考えるとコスパは非常に高いとされています。ただ講座を受講するだけで全く勉強をしていないと厳しいため、独学で勉強するためのテキスト代金は必要となります。資格の取得は個人で行うこともありますが、50人以上働いているところでは衛生管理者をおくことが条件となっているために、会社負担で資格取得を応援してくれるところもあるので、ほぼ負担なしで資格をとれることもあります。